個別指導塾で中学生に指導する際のコツ

日本では全国各地に学習塾が数多く点在をしています。とくに2000年以降はその数が急激に増加をしており、通われる中学生もたくさんいるほどです。これは文部科学省と政府によって全国の中学生に高品質な教育を実施するため、学習塾の費用に助成金を支給しているのが要因になっています。上限5000円までが自己負担で、それ以降はすべて助成金で賄うことが可能です。

以前は全額自己負担であったため、塾に行かれる方は限られていましたが、現在ではお稽古事というスタイルで利用ができます。この影響から個別指導塾でも多くの中学生が入塾をされるようになりました。これから新しく個別指導塾で中学生を受け入れようという方もいらっしゃることでしょう。ここでは簡単に、個別指導塾で中学生に指導をするコツをレクチャーしていきます。

まず中学では、国語・数学・社会のほかに英語も必須教科で組み込まれているのがポイントです。そして計20社の教科書を使用されており、広範囲の学習を網羅しないといけません。個別指導塾では基本、講師一名に対して生徒も一名というスタイルの使用なので、生徒の学習速度・理解力に準じた教育をおこなうのが望ましいものです。指導をする際は四年生大学に在籍をしている、または卒業した講師を雇用してハイレベルな教育を実施することが大切です。

学校の授業だけでなく、高校受験にも対応したカリキュラムを用意すると、より多くの生徒の需要が見込めます。