運動部で多忙な中学生のための個別指導塾の活用法

サッカー部やバレーボール部で活躍する中学生は、学校で学んだことを十分に復習する時間を確保できないことが多いです。そのために授業内容が難しくなる2年生以降は、学校の成績を低下傾向になります。しかし新しい単元のポイントを個別指導塾で教えてもらうと、運動部で多忙な中学生も学力のアップが実現できます。運動部で忙しい中学生が個別指導塾を選ぶ場合には、通いやすさを重視するのがポイントです。

自宅から徒歩圏内にある個別指導塾は、部活動と学校の勉強との両立でも役立ちます。1回当たりの授業時間が90分程度なので、部活動の練習が終わってからでも通塾しやすいのが魅力です。指導内容も完全オーダーメイドなので、一人一人の学力を考えながら基本からじっくりと学べます。最初に学力診断で実力を的確に把握すると、塾の通った場合の学習も進めやすくなります。

教室で問題の解法を教えてもらう自宅で問題演習を繰り返すのが、学習効果を最大限に高めるためのポイントです。学習相談のサポートを活用すると、中学生一人一人に合った勉強方法を見つけることができます。夏休みにも部活動の練習があると、塾に通うのが難しくなることも多いです。しかし振替授業がある個別指導塾を選ぶと、部活の試合や遠征で欠席したときのフォローも受けられます。

更に一対一のコースを活用すると、苦手科目を中心に徹底的に学べます。特にマンツーマン指導が役立つのが、定期テストや入学試験の直前です。