中学生が通う個別指導塾の授業内容を知りたい

中学生になると、小学生の頃とは違い受験が控えているため学習塾に通う人が多いです。中学生が学習塾に通う場合でも、集団授業に通う人もいれば個別指導塾に通う人もいるわけです。割合としては、個別指導塾が4割といった感じかもしれません。もし個別指導塾に中学生が通うとすれば、一体どのような授業内容になっているかを知っておいた方が良いです。

具体的には、先生がそれぞれカリキュラムを書いていますので、そのカリキュラムに基づいて授業を行っていきます。例えば、2週間後にテストがある場合、少なくとも1週間前にはテスト範囲の学習をいちど復習しておきたいので、その範囲内で行っていきます。直前には、テスト対策の授業をとることが必要になるケースも多いでしょう。例えば1週間に1回しか通っていなかった生徒では、テスト前に1週間の1回の学習では足りないケースがあります。

そこで、個別指導塾側からテスト対策を取った方が良いと言われそこでテスト対策のチケットなどを購入します。結果的に授業時間が増え、特典が上がりやすくなるでしょう。もっとも、いくら授業時間を増やしたといっても、わずか数時間増やしただけではあまりテストの点数には響きません。やはり家庭学習をしなければならないところです。

夏休みになると、講習会等が行われますがこれは確実に参加する必要があります。参加しなくても良いところは少なく、強制参加になっているケースが多くなります。何故かと言えば、講習会を開かなければ大抵の学習塾は黒字にならないからです。