中学生が個別指導塾に通うことの利点

中学生が通うことができる個別指導塾では、講師1人に対して生徒1人から3人程度の少人数で行う授業スタイルを採用していて、集団指導塾にはないさまざまなメリットがあります。例えば、集団指導塾では大勢の生徒に対して同じスピードで授業を進めることになりますが、個別指導塾では生徒が理解していない所をそのまま進めることはせずに、生徒が理解できるまで何度も解説をしたり、問題を解くなどの丁寧な対応ができます。また、テストの結果だけではなく、問題を解く過程をしっかりと確認することができるので、勉強のやり方や問題に取り組む姿勢などについても中学生にアドバイスをすることができるのが大きな魅力です。そのほかにも、個別指導塾では子供と相性のよい講師を選びやすいという利点があります。

集団指導塾の場合には在籍するコースやクラスで指導する講師が決まりますが、個別指導塾では生徒の性格や学力のレベルに合わせて最適な講師をマッチングすることができ、万が一相性が悪い場合には何度でも講師を変更することが可能です。分からない所をじっくりと学びたい中学生や、ずっと見守ってもらってないと集中力がとぎれてしまう中学生などにも最適で、要望をしっかりと伝えることで柔軟に対応してもらうことができます。いずれにしても、個別指導塾への通塾を決める前には、体験授業を受けて、実際の授業の雰囲気や勉強の進め方、講師との相性などを事前にしっかりと確認するようにしましょう。